Select Language : English 日本語 中文(繁體字) 中文(简体字)

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

スティーヴンソン・ハーウッド LLP

グローバルネットワークで拠点間のコラボレーションを加速

導入サービス : Arcstar Universal One

スティーヴンソン・ハーウッド LLP
課題

スティーヴンソン・ハーウッド各拠点の弁護士が書類を共有できる、 信頼性・安全性の高いシステム

対策

セキュアで安定した業務サービスをグローバル展開するための、 信頼性の高いネットワーク

効果

複雑かつ大規模なプロジェクトにおいても、 グローバルに点在する弁護士間で効率的な共同作業を実現

スティーヴンソン・ハーウッド LLP

IT Director
Chris Petrie氏

「当社の業務は、弁護士一人ひとりが必要なファイルや書類を必要時にすぐに引き出せるという環境のもと、成り立っています。当社においてはネットワークの信頼性、そして低遅延が極めて重要です。NTT Comは、イギリス国内にとどまらず、グローバルレベルでそれを実現してくれました。全社員が、感謝しています」

課題

弁護士間で書類をグローバルで共有できるセキュアで安定したシステム

 グローバル事業拡大に向けてスティーヴンソン・ハーウッドでは、新規市場でグローバルサービスを提供し続けるために、拠点を超えた共同作業の効率化が求められていた。そのためには、同社の全拠点間を迅速につなぐ信頼性の高いグローバル・データ・ネットワークが必要とされた。

 スティーヴンソン・ハーウッドがネットワーク事業者に出した要件はこれまで同社と同規模の企業と取引をした実績があり、ヨーロッパとアジアをまたがる低遅延ネットワークを提供できるだけの、グローバル規模のインフラを備えた事業者であるというものであった。

 グローバル企業であるスティーヴンソン・ハーウッドでは、自社のネットワークの将来にいくつかの懸念があった。世界中に拠点が点在しているため、ネットワーク事業者は、まず全インフラの導入と管理、新規拠点への接続、さらに通常のオフィスIT・サポートシステムのアップグレード、このすべてを一元的にアウトソースしたいと考えていた。

 海底ケーブルの場合、物理的な問題が生じれば復旧に時間がかかるため、障害が起きた際は最短時間で復旧可能な陸路を経由する必要があった。同じく、低遅延も、ネットワークを構築する際の条件となった。

 ネットワーク事業者には、ネットワークの可用性と管理能力をもつことで、スティーヴンソン・ハーウッドから最小限の情報提供で、あらゆる技術的問題に迅速かつ効率的に解決する事が求められた。

対策

NTT ComのArcstar Universal One 陸路でイギリス本社とアジアをつなぐ

 NTT ComがマネージするArcsatr Universal Oneネットワークは、2010年に導入された。NTT Comはそのグローバル規模、実績、そしてアジアへの強力なネットワークを活かし、スティーヴンソン・ハーウッドに全グローバル・ネットワークを提供することで拠点間の統合を実現させた。

 ネットワークは、ヨーロッパからロシアのステップ草原を経由し、アジアまで拡張している。スティーヴンソン・ハーウッドにとって、この陸路ネットワークには2つの利点があった。まず、NTT Comがスティーブンソン・ハーウッドのネットワークを全面提供することで、窓口が一元化され、問題が生じた場合は、NTT Comのみとやりとりするという安心感だ。次に、イギリスからアジアまで低遅延ネットワークが一直線の陸路で構築されるため、距離が短く、結果的に大西洋を海底ケーブルでつなぐよりも遅延が減少したことである。

 加えて、陸路のネットワークにより、スティーヴンソン・ハーウッドが目標としていたグローバル拠点間のコラボレーションを加速するIT基盤も実現された。IPステアリング・システムにアクセスすることで、弁護士たちは拠点が離れていても、自動検知される最低遅延、高効率なネットワーク経路で自国のオフィスとつながることができるようになった。

 NTT Comはこのほか、スティーヴンソン・ハーウッドの各拠点に、規模に応じた社内ネットワークを構築。これにより、Arcstar Universal Oneへの接続に問題が生じても、スティーヴンソン・ハーウッドでは独立性を維持でき、ネットワーク障害による業務の支障を軽減できるようになった。

効果

世界中の社員と効率性の高い共同作業を実現

 NTT Comが提供したグローバル・ネットワークによりスティーヴンソン・ハーウッドは、ヨーロッパとアジアにある7拠点どこからでも、複雑で大掛かりなプロジェクトの共同作業に、容易に、効率的に取り組むことができる。

 スティーヴンソン・ハーウッドの全社員は、どの拠点にいたとしても、これまでよりも早く書類にアクセスでき、本来業務に集中できるようになった。 ネットワークの統合によって、スティーヴンソン・ハーウッドは、世界中のお客さまの要望に迅速に、最高の業務サービスを提供し、また、簡単な操作でビデオ通話や電話会議を設定、実施することが可能となった。

導入サービス

Arcstar Universal One

高品質・高信頼ネットワークを安心・簡単・おトクにご提供するクラウドにも対応可能な新しいVPNサービスです。お客さまの企業規模・ニーズにあわせプランの選択が可能。国内・海外ネットワークを共通化し企業のグローバル展開を強力にサポートします。

スティーヴンソン・ハーウッド LLP

企業情報

社名: スティーヴンソン・ハーウッド LLP

事業内容: 全世界で弁護士120人、700人の職員が所属する総合国際法律事務所。顧客は複数業界にまたがり、上場企業、非公開企業、研究組織や個人も含まれる。

URL: http://www.shlegal.com/

(記載内容は2015年9月現在のものです)

このページのトップへ